メンズ

マンション売却の相場を知っておこう|得をしたいなら

業者の特徴

家

不動産屋さん選びで迷ったときは、宅地建物取引業者免許の番号を確認して、キャリアが長いところを選びましょう。また、媒介契約には3つの種類があるため、どれが自分にとって相応しいのか業者と相談することが大切です。

もっと読む

土地等の売却

模型

東京の不動産は一時期と比べて価格が高まる傾向にあり、2020年の東京オリンピックに向けて更に人気が高まることが予想されています。売却を考えているのなら不動産の状況に合わせた正しい査定を依頼し、各社比較した上で売却しましょう。

もっと読む

売却か賃貸か

住宅

まずは適正価格の把握だ

マンションを売りたい。こう思った時、まず大切なことは何だと思いますか。それは正確な相場を知ることです。妥当な市場価値が分からなければ、より有利な条件で売るための戦略を練ることもできないからです。そして、相場の見積もりを依頼する際には、一つの不動産業者ではなく、複数の業者に依頼しましょう。これは、大きな病気をした時、複数の医師に治療法についての意見を求める「セカンドオピニオン」と同じ発想です。もしもがんが見つかったとなれば、たいていの人は、多くの専門家に意見を聞きたいと考えるでしょう。マンション売却も一生に1度あるかないかの重大なイベントという点では同じだと思います。失敗して後悔しないためにも、複合的な視点を持ち、適正な相場の把握に努めることをお勧めします。

賃貸も含めて柔軟に検討を

適正相場を把握できれば、次はより有利な条件でのマンション売却を目指しましょう。マンションの需要があるシーズンは少し考えればわかりますね。そう、年度末です。転勤などで住み替えの需要が発生するからです。価格は需要と供給のバランスで決まりますから、需要の多い時期を狙ってマンション売却をすれば、高く売れる可能性があります。では、相場が住宅ローン残高を大きく下回っていた場合はどうすればよいのでしょうか。その場合、賃貸という選択肢も視野に入ってきます。特に都心部では、高くは売れなくても、賃貸価格は高いという地域が結構あります。マンション売却を考えた時、思いのほか相場が値下がりしていても、必ずしもがっかりする必要はないのです。

マンションを売るには

積木

埼玉で自宅マンションを売却する場合には、リフォームや買い替えをサポートする不動産会社との出会いが重要です。売り主がマンション相場について知ることが重要であり、物件のタイプに合わせて柔軟に戦略を変えるのが良い方法です。

もっと読む